冷え性でお悩みの方必見!冷え性を解消できるトレーニング紹介

トレーニング

寒い冬になると足先が凍えるように冷え切ってしまう「冷え性」にお悩みの女性は多くいると思います。厚手の靴下を履いてみたり、暑い湯船につかってみたりといろいろ試したけど、あまり変化なく毎年冬になると苦労している方も多くいらっしゃると思います。そんな時は自宅でも簡単にできる「ふくらはぎのトレーニング」を試してみてはいかがでしょうか?冷え性だけでなく美脚にもなるふくらはぎのトレーニングは一石二鳥です。今回はそんなふくらはぎのトレーニングを自宅で簡単に行う方法を紹介します。

冷え性の原因

冷え性の原因で1番多いのは「血流の流れが悪くなっている」ことです。血流の流れが悪くなることで、体の末端まで血液がうまく循環しなくなり手足が冷えてしまうことで「冷え性」の症状が出ていることが多いです。特に女性の方に多く見られる症状で、ヒールなどを多く履く人や事務作業の方は注意が必要です。

なぜふくらはぎのトレーニングをするの?

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれる筋肉でポンプのような役割をしており、下半身の血液を循環させるのにとても重要な役割をしています。ふくらはぎのトレーニングをしてポンプの力を強くしてあげることで、血液の循環がよくなり足先の冷えも解消されていきます。

ふくらはぎトレーニングのメリット

実はふくらはぎをトレーニングすることで得られるメリットは「冷え性解消」だけではないのです。特に女性の方には、とても魅力的なメリットがあるので紹介します。

足のむくみも解消できる

多くの働く女性の悩みでもある、足のむくみの1番多い原因も冷え性と同じ「血流の流れが悪くなっている」ことです。立ち仕事が続くと心臓から下半身に血液は送られるが、疲労がたまった下半身は心臓への血液を循環させる力が弱まってしまうので、血液が下半身にたまってしまい「むくみ」として症状が出てくるのです。そのため、ポンプの役割のふくらはぎを鍛えることで「足のむくみ」の解消も一緒に解消できてしまいます。

足にメリハリが出て美脚に見える

海外のモデルみたいな「長くてスラっとした」美脚には誰もが憧れますよね。骨格の問題もあり、トレーニングで足を長くすることは難しいですが、長くスラっと見せることはできます。多くの方は痩せて細くすれば美脚になると考える人多いですが、少し違います。ポイントは「メリハリ」です。ふくらはぎを鍛えることで、足首とのメリハリができるので足首がより細く見えて「長くスラっとした美脚」に見えるようになります。

自宅で簡単ふくらはぎトレーニング

今回紹介するふくらはぎのトレーニングは、階段や安定したちょっとした台さえあれば、自宅でも簡単に行えます。1日5分~10分で簡単に効果が出てくるので、ぜひ試してみてください。

自宅で簡単ふくらはぎトレーニングのやり方

  1. 台の端っこに、つま先から母指球あたりだけで乗り、かかと側は台に乗せずに、浮かした状態で立つ
  2. ゆっくりかかとを台よりなるべく下にくるように下げていく
    (この時手すりなどがあると安全です)
  3. ふくらはぎを限界まで伸ばした位置で3秒キープ
  4. つま先立ちをする要領でかかとを戻す
  5. これを「15回~20回繰り返し1分休憩」を3セット目標に行う

自宅で簡単ふくらはぎトレーニングのポイント

  • かかとをしっかり下げてふくらはぎを伸ばすことが重要
  • 手すりなど転倒防止できるものがあると安全
  • 2日おきを目安にトレーニングを行う

まとめ

ふくらはぎのは私たちの体の中でも重要な役割をしている筋肉です。その筋肉をトレーニングすることで冷え性・むくみの症状が解消されていきます。トレーニングは持続させることが重要です。15回~20回を3セットはあくまで目標なので気分が乗らないときは「とりあえず1セットできれば合格!」ぐらいの気持ちでセット数が少なくても習慣的にトレーニングに取り組むのが持続させるコツです。ぜひご自宅で試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました