ヨガインストラクターが選ぶオススメヨガマット8選!

トレーニング

ヨガマットの種類は豊富です。
「ヨガマットを買って、ヨガを始めよう!」と思っても、色々あり過ぎて迷ってしまいますよね。
今回はヨガインストラクターの筆者が、ヨガマットを選ぶ時に気をつけたいポイントと、オススメのヨガマットを8選ご紹介します。

ヨガマットを選ぶポイント

ヨガマットを選ぶ際に注意したいポイントはいつくかありますが、1番注目したいポイントは「大きさ」と「厚さ」です。

それぞれのポイントについて、詳しい理由をご紹介します。

大きさ(長さ)

ヨガマットの横幅はどれも約60cm〜67cmと、物によって大きく異なることはありません。

なので長さが選ぶ基準になってきます。

縦の標準サイズは約170cmとなっており、小柄な女性には160cmのコンパクトサイズが持ち運びも便利でオススメです。

背の高い男性や動的ヨガの場合には縦が180cm以上の大判のものがオススメです。

厚さ

厚さは用途に合わせて選びましょう。

1〜2mm
持ち運びに便利なサイズです。   
特に動的ヨガ(動きの多いパワーヨガやアシュタンガヨガなど)は動きやすい薄手のマットがオススメ。
1kg以上の重めだと安定感も得られます。

3〜5mm
初心者にオススメ。
安定感とクッション性の両方備えたマット。
持ち運びも可能な厚さです。
動的ヨガと静的ヨガのどちらでも使用できます。

6〜10mm以上
静的ヨガ(動きの少ないヨガハタヨガやマタニティーヨガなど)は座位のポーズに長くいることも多く、厚めのクッションが効いているものがオススメです。
持ち運びには不向きなので、家やスタジオの置きマットとして活用したいマット。

ずっと使うならこれ!ヨガインストラクターが愛用するヨガマット3選

ヨガインストラクターに人気のあるヨガマットを3つご紹介します。

どれも一度購入すると長くお付き合いができる優れ物。
ぜひチェックしてみて下さい!

JADEハーモニー・プロフェッショナル4.5mm 価格13000円

jadeyoga.jpより引用

筆者も愛用しているJade Yogaのヨガマット。

少し薄めでグリップが効いており、動的ヨガにぴったりです。
天然ゴムで作られており、自然にも優しいヨガマットです。

manduka PROlite ヨガマット 5mm 価格14000円

manduka.jpより引用

世界中のヨガインストラクターに愛されており「理想のヨガマット」と言われています。

汗をかいても滑らず動的ヨガに適したヨガマットです。

suria ハイグリップエコロジーヨガマット 5mm 価格8800円

online.suria.jpより引用

グリップが効いているけれど、クッション性もあり、動的ヨガにも静的ヨガにも使える便利なヨガマットです。

地球に優しい「TPE」素材を利用しています。

初心者向け マルチに使えるヨガマット5選

とりあえずこれを買っておけば大丈夫!という初心者も安心なヨガマットをご紹介します。

動的ヨガと静的ヨガのどちらにも向いており、長く使えるものからリーズナブルなものまで5つ選んでみました。

suriaHDエコマットプラス 4mm 価格 6380円

online.suria.jpより引用

suriaで1番売れているヨガマット。

薄手なのにクッション性もあり、重さも1キロ未満で持ち運びにも便利です。
カラーバリエーションが多いのも魅力のひとつ。

lululemon The Reversible Mat 5mm 価格9500円

lululemon.co.jpより引用

カナダ発の有名なヨガブランドlululemon。

リバーシブルでその日の気分で表か裏か選べます。

ヨガマットの種類が豊富なブランドですが、初心者にはクッション性と安定感を備えた5mmがオススメです。

JADE LEVEL ONE 4mm 価格7000円

jadeyoga.jpより引用

Jade Yogaから「初心者向けのヨガマット」として販売されているレベルワン。

グリップ力に優れており、ポーズがやりやすいのが特徴です。

manduka ビギン 5mm 価格6800円

manduka.jpより引用

こちらもmandukaから初心者向けとして販売されているヨガマット。

1kgという軽さで持ち運びやすいのが魅力的です。

ヨガワークス 3.5mm 価格3300円

yogaworks.co.jpより引用

ヨガワークスから「初めの一枚に」というコンセプトで販売されているヨガマットです。

とてもリーズナブルで軽量です。
シチュエーションを選ばないヨガマットです。

まとめ

ヨガマットはヨガポーズのやり易さなどに影響を与えます。

汗で滑ったりすると集中力を欠いてしまうものです。
自分に合った一枚を見つけて、楽しくヨガをしましょう!

タイトルとURLをコピーしました